投資には新築のワンルームマンションの購入がおすすめです


h1 2010-06-14

ワンルームマンション経営の利回りの計算は、ワンルームマンションの購入価格で年間どのくらいの収益を上げることができるかで計算されます。

ですから、新築のワンルームマンションでも中古のワンルームマンションでも、購入価格と家賃によって利回りが変わってきてしまいます。

ワンルームマンションの価格を決める要素には、立地や築年数、間取りや収益性、設備や建築基準などいろいろな理由があります。

また、ワンルームマンションには寿命があります。

例えば、新築のワンルームマンションが仮に60年の耐久性があり、新築で購入して年間100万円の収益を上げることができるとすると、そのワンルームマンションは6000万円の収益を生むことができます。

しかし、築年数が30年のワンルームマンションで同じような条件だとすれば、購入後の寿命は30年となってしまい、3000万円の収益しか上げることができなくなってしまいます。

 

優良な条件を満たしている中古ワンルームマンションならば、新築のワンルームマンションとあまり変わらない価格で取引されているのが現状です。

これらのことを考えて判断すると、中古のワンルームマンションよりも新築のワンルームマンションの方が購入の優位性があります。

また、中古のワンルームマンションの場合には設備の故障や修繕費など築年数が経過するほど、多額の費用が必要になってきます。

現在の新築のワンルームマンションでは、計画的に積み立ててありますが、中古のワンルームマンションの場合にはそのような計画はないものがほとんどになっています。



Leave a Comment


h1